EVENTS

2016年4月 福岡 「八坂圭展」

2016年04月24日

2016_KOTEN_fukuoka
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
八坂圭 個展
多次元への旅 ーインドへの旅をへてー

4月25日(月)~ 5月1日(日)
10:30~19:30(最終日17:00まで)

ギャラリー風 1F
〒810-0001福岡市中央区天神2-8-136
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

今回のインドの旅で今もいちばん心に残っているのは、多くの言葉で説明しようとしなくても、人々がわたしの絵から「精神性の美を感じる」と言ってくれたことです。文化的背景の違う場所にあっても、つたわっていく普遍性がわたしのアートの中に生まれつつあるのかもしれません。芸術のカテゴリー化を超えて、わたしのシンプルで直感的な平面作品が、宇宙的なエネルギーをとどけている。そう言えるかもしれません。インドの旅をへて、目指すべき方向がさらに明快になった作品群を、ギャラリー風でどうぞご覧ください。

絵で何か私の考えを説明しようとしているのではありません。
また、単に目新しい今までにないスタイルの図像を提案しているわけでもありません。

ただ、時間と、精神と、物質次元がピュアに響いた一瞬を、アートとして提示しています。

そこには、エネルギーがあるのです。

理論を超えて、私たちの視点を広大な領域へとつないでいく通路ができます。
肉体を超え、心を超えて、多次元の精神性を垣間見る場所へ。

スピリチュアリティー、つまりは精神性は特別なひとびとだけの課題ではありません。
それは、今朝たべるものにどのような感謝をつたえたか、今日ある命にどのように喜べたか、すべて出会い体験する出来事の背景に、いつも宇宙からのおおきな愛が働いていることに意識を向けられるか。つまりは、いかに人生を愛で満たすかという、万人への課題です。

他人からみて苦難のなかにあるように見えても、高いスピリチュアリティーを体験している魂があるのと同じように、何もかもが足りているように見える生活を送りながら、愛に飢え、乾いたスピリテュアリティーのなかで生きている人もいます。

そして、両者はいつでも入れ替わりえます。

わたしたちは個人ではなく、ひとつの生命です。
それぞれが、それぞれに必要な学びを宇宙から与えられている。

わたしはわたしを甘受して、いま出来ることを。

絵をとおして、なにかを感じてくださる人がいたら幸いです。
わたしの絵はきらいじゃないけど、ここに書いてあるようなことはよくわからないし、なにか自分の感覚とは温度差を感じるという方がいらっしゃったら、ありがとうございます。ひろくて多様な宇宙です。だからこそ、わたしはそんなひとを愛しています。よかったら、また、絵を見に来てください。

新作のストールはネットショップでもご注文を受け付けています。
では、会場でお会いできますよう。

今日も宇宙に満ちる愛とともに。
ワールドピース