EVENTS

圭通信より 個展のお知らせ

2015年09月21日

shonandaiMY2015_09_DM_web03

個展のDMを配布しましたが、休廊日の曜日を間違えていました。
日付は合っています。正しくは9月28日(月)29(火)です。
もうしわけありません。よろしくおねがいします。


愛するみなさんこんにちは。
すっかり秋の風をかんじますね。今日から東京に滞在です。

最近、私は奇妙な感覚になることがあります。
目に見えている世界が人生にとって大事なことのように思える感覚です。

社会的立場、経済状況、他人からの評価。欲望の達成度。
自分を含む社会の安定度、物質的ゆたかさ。

それらはどれも素敵な要素なのでしょう。多くの人が、そのような要素に対して熱心に動き、悩み、乗り越え、日々を繰り返しています。

人々のそのような営みはどれも尊く、愛すべきものなのでしょうが、全てではありません。

正気にもどれば、目に見えていることはほんの一面で、「わたし」という存在は時間と空間をこえて、宇宙に無限に広がっていることを思い出します。

人は幸せを求めます。幸せであることは簡単です。欲求を手放せばよいのです。欲求があるうちは、何度その欲求を達成しても、新たな欲求を解決できない苦しみの中を生きるのですから、本質的な幸せにはいたれません。

とはいえ、生身のある人間です。なかなかすべての欲求を手放すことはできない。
次善の策としては、欲求を正当化する言い訳を手に入れることです。

その言い訳がもっともらしさを保っている間、その欲求を追い求めることに熱中することで、人は幸せになれます。

その言い訳は、多くの人に共有されると、理念となり、大義となり、だれもが人間の本質からみれば言い訳であることを疑わないルールとなります。

そのルール、もしくは枠のなかで生きていると、どうしたって人間の魂は窮屈になり、本来の姿でなくなります。

しかし、多くの人は、目に見えてることがすべてだと思っているので、自分がなぜ苦しいのか、どんな枠の中にいるのか、気づくことができません。

気づくことができないのだから、枠の外に出るのはむつかしいでしょう。時に、魂の自由に基づくありかたを目指したいと思ってみても、とりあえず目につく枠にあらがってみようという試みに終始すると、なおさらその枠にとらわれることになるのもよくあることです。

自由は闘争ではなく、ただ、自若としてそこにあることです。

目に見えることにとらわれてしまっている間は、自分が向き合うことのできない広大な広がりを持つ実存がそれぞれの中にあります。その実存は、そもそもなんの枠にも入っていないのです。その実存と、小智にとらわれている表層的な自分が出会うとき、どんな状況にあっても自由で輝かしい「私という中心」を生きることが出来ます。

そんなにむつかしいことではありません。

無力で、ひとりで、財産がなくたっていい。(あったっていいんですよ。)
そのような自由で広大な魂としての自分を実感している人からは、智恵が生まれ、愛があふれだします。

それは、地球の大きな資源なのです。

その資源を活かせば、今の地球はもっとすばらしい星になれます。
そして、その資源を発掘するのは、特別な誰かや、大きな組織ではなく、私たちひとりひとりのプライベートな時間の中での営みなのです。

そう思うと、たのしいではないですか。

東京での個展を年に二回のペースで継続するようになって、もう4年になります。

たくわえがあるわけでもないのに、こうやって活動を継続できること自体が奇跡だなと思うことがあります。

しかし、それも自分でやっている感覚よりも、宇宙がそうしているという実感があります。
私は、小舟に乗って、川の流れのままにまかせているような。

宇宙的な実存との一体感のなかで描かれている絵が、本当のことに一瞬でも目覚めさせてくれるから、会場に多くの人が来てくれるのかもしれません。

今回の個展のタイトルは、「なかなおり」です。

会場にきて絵を見てみてください。どんななかなおりの感覚がそこにあるのか。

初日は簡単なオープニングパーティーもあります。
ギャラリーのディレクターが、カナッペなどを作って持ってきてくれます。
ワインと、パンと、ささやかな楽しみをシェアしましょう。

八坂圭展
「なかなおり」
2015年9月23日(水)~10月4日(日)
12:00~19:00(最終日は17:00まで)
レセプション:9月23日(水)17:00~
※9月28日(月)29(火)は休廊です。
(もうしわけありません。DMに記載の曜日がまちがっていました。)

Shonandai MY Gallery
106-0032
東京都港区六本木7-6-5
六本木栄ビル3F

http://www.shonandai-g.com/art/upcoming.html

今日も宇宙に満ちる愛とともに。
ワールドピース!


マレーシアでのアーティスト・イン・レジデンス

2014年11月25日

愛するみなさんこんばんは。

居を正して絵を描く時間と向き合う。それが難しいのが日のつねです。製作をベースとした生活を切り開いたいまも、それでも日常と静謐な時間をどう切り分けて保つかという課題は続いています。

絵を描いて、展示して、さまざまな人の反応にふれて。

さまざまな何かを受け取りながら、私はまた自分の中へと帰って行く。

New earth

東京での二つの個展の後、熊本の山の中で私は二つの作品に向き合いました。

New Born

いままで使ってなかったタイプのキャンバスをつかっての製作です。皆さんに絵をみていただくとき、その作品にどんな素材や技法が使われているかを知ってもらう必要はありません。それよりも、そこにどんな感覚が表れているのか、もっと言うならば、その絵の佇まいから、どんな目には見えない響きが皆さんに伝わるか。それがすべてだと思います。

私は、制作者として、材料を研究し、いつも私に届く宇宙からの指示をより的確に再現する方法を準備しておくばかりです。

明日からマレーシアで「ササラン国際芸術祭」に参加するために飛び立ちます。

ササラン国際芸術祭

この芸術祭への招待は、今年3月に報告したアジア美術家連盟展への参加をきっかけに日本委員会から推薦をいただき決定しました。

事務局とのやりとりでは、クアラルンプールから少しはなれた小さな漁村がアーティスト村になっているらしく、そこに世界各国からアーティストを呼んで、二週間の間、制作に集中してもらおうという企画らしいです。

滞在費と、制作費は主催者が提供するそうです。

このような文化事業を、「アーティスト・イン・レジデンス」といいます。20世紀半ばから、世界中で先進的な試みとして行われてきました。

向こうで支給される素材は、私がいつも使っているものとは、自ずとかわってきます。それを踏まえての山のアトリエでの研究でした。

私は、はじめての経験となります。

ただ、今まで言わば私費による「アーティスト・イン・レジデンス」というスタイルで制作してきたのかもしれないな、と、顧みています。

非日常は、降ってくるのではなく、自分で切り出すものだ。

かつて、日本には「ハレ」と「ケ」という時間に対する概念がありました。

それらは曖昧に溶け合って、今の私たちには聖別された時間の経験が希薄になりつつあります。

今年のネパールでの体験は、聖なる時間といえるものでした。

明日からの二週間が私にどんな感覚を与えてくれるでしょうか。

私なりの「ハレ」もしくは非日常を味わえるでしょうか。

同じ時間を過ごすとしても、それを体験するものの意識次第で、その時間は貴くもなり、凡庸にもなります。

地道ですが、私はここ数年続けて来たように、アーティストとして、光の媒介者として、宇宙的な愛と光の感覚を絵にしていこうとおもいます。自分自身で聖なる時間を受け止めて。

大きなメディアにはのらないし、名のある何かになにかになるわけではないですが、私の受け取った絵との出会いが、誰かの家庭に入り、光を届け、意識を変容させて輝いていく様子をいくつも見させていただいています。

そのような小さな積み重ねが、きっと今、地球中で、あちこちで起きています。

一人一人の生き方そのものが、宇宙というオーディエンスに向けた魂の表現で、アートです。

共に、そんな生き方を選びませんか。

地球の新しい時代はもうすぐそこです。

マレーシアから帰ってきたら、すぐに竹田へと移動してアートレッスンを開きます。

旅の感覚を携えて、また新しいメッセージを皆さんにお届けできることでしょう。

■竹田アートレッスン
12月13(土)/14(日)/15(月)
朝9:00-11:00 昼13:00-15:00 夕17:00-19:00
(15日は、朝と昼のみ)
場所:あ祖母学舎
予約表へのリンク

その後、年末には福岡アートレッスンです。

■福岡アートレッスン
12/27(土)/28(日)/29(月)
朝10:00-12:00 昼13:30-15:30 夕18:00-20:00
予約表へのリンク
場所:
はるさき水彩画スタジオ
福岡市南区高宮1丁目6-2-602
西鉄平尾駅から歩いて2分です。

行き方:平尾駅を出て、高宮通りをわたり、
サンクスの隣のビル。602号室です。
場所の地図へのリンク

どちらの会場でもカレンダーをご購入いただけますし、ネット上からもお申し込みいただけます。絵と向き合うときに見つかる自分のなかの美しさ。ぜひ、体験してみてください。

http://yasakakei.com/calendar2015/

さて、明日は朝の便です。
今日はもう、ゆっくりとアストラル体を夜に委ねて精霊たちの世界から明日からの旅に必要な材料を仕入れ行くことにしましょう。

皆さんも良い夜を。

今日も宇宙に満ちる愛とともに。

ワールドピース!

東京アートレッスン@吉祥寺

2014年10月05日

アートレッスン_web用画像

恒例の東京アートレッスン、秋の開催です。
今回は、吉祥寺での開催となります。

2014年10月

25日(土)・26日(日)・27日(月)

朝:10:00~12:00 
昼:13:30~15:30
夕:18:00〜20:00

予約表:
予約表

会場:吉祥寺レンタルスペース「YORU」
会場地図

連絡・申込みはメールかお電話で。
または、フェイスブックメッセージでも承っています。

空っぽになって、筆をおく。色がにじんで、響き合う。その時間の中に私がいる。水とひかりと、色と、調和と。アートはもっとありのままで、あなたをもっと輝かせます。初心者でも、描くことに苦手意識があるひとでも、かならず受け取れる、作品からの愛のメッセージ。

あなた自身に帰れる時間を提供します。

参加費:8,000円(材料費等含む)

福岡アートレッスン 2014年 9月

2014年08月21日

皆さん、こんにちは。エベレストで受け取った光たちをベースにカレンダーも快調に制作進行しています。10月の東京個展でご紹介できると思いますので、是非おたのしみに。

さて、今日は福岡アートレッスンのお知らせです。

今回から水彩画家の春崎幹太さんの協力を得て、西鉄平尾駅の教室で開講します。

とてもアクセスがいいので、皆さん参加しやすくなるといいな。

場所:福岡市南区高宮1丁目6-2−602(はるさき水彩画スタジオ)
行き方:
平尾駅を出て、高宮通りをわたり、サンクスの隣のビル。602号室です。

会場地図

八坂圭の福岡アートレッスン2014年9月

9月13(土)/14(日)/15(月・祝)
それぞれ、3枠、合計9枠開講します。

継続の方も、久しぶりの方も、どうぞご参加ください。
お伝えする内容も、宇宙の流れにそって刻々と変化していきます。
今、この時期にあなたがより良く生きるために必要なメッセージを是非、受け取ってください。

朝・10:30-12:30
昼・13:30-15:30
夕・17:30-19:30

スケジュール確認表はこちら。

目に見える色だけではなく、色の持つそれぞれのエネルギーを繊細に感じ取って、自分自身の深い感性を体験するワークです。

レッスンをつうじて、自分自身の本来の精神の美しさや、可能性に気づいていきます。

主婦・学生・ビジネスパーソン・さまざまな方がレッスンを通じて、生きるヒントを見つけています。

どうぞ、この機会にご参加ください。

(9月には大分竹田、10月には東京でのレッスンがあります。近日中に予定を配信します)

今年は雨のおおい夏でした。そのぶん、きっと抜けるような秋の空がひろがることでしょう。

hasu

雨の日も、晴れの日も。宇宙からのギフトとして一日一日を愛します。

今日も宇宙に満ちる愛とともに。
ワールドピース!

博多リバレイン D12でのミニ個展

2014年06月10日

先月に引き続き、今月も福岡で八坂圭展があります。

 

大きな作品の新作が、明治通り沿いのウインドウにかけてあります。素敵なインテリアショップがたくさんの場所で私の作品を見ると、また違った視点で受け取られるかもしれませんね。

 

2014年6月9日 月曜日 から 6月22日 日曜日 まで。

営業時間10:30~19:30

好評のストールもこちらで販売しております。

ぜひ、お立ち寄りください。

 

osirase_yasaka
D12について
福岡県の「福岡発こだわりのデザイン商品プロモーション事業」に採択されたFUDA(一般社団法人福岡デザインアクション)による、常設のセレクトショップ。福岡デザインアワード(旧福岡産業デザイン賞)受賞企業の商品を中心に、県内企業の商品を展示販売するだけでなく、「商いの場」「学びの場」「交流の場」として、さまざまなセミナーやワークショップ等の仕組みを展開しています。
今回はアートとデザインの枠をこえて橋渡しする意図をもって、八坂圭展を企画して下さいました。
ぜひ、お誘いあわせの上ご来場ください。
〒812-0027
福岡市博多区下川端町3番1号
リバレイン2F ディーワンツー
Tel 092-272-5055
Fax 092-272-5060

 

 

 

よろしくお願いします。

 

心地よい角度と距離を工夫する

2014年06月10日

愛する皆さんこんにちは。

 

九州は梅雨入りしました。
湿気を多くふくんだ空気が、南からの風に乗って私たちを通り過ぎていきます。私たちは一所に留まって生活をしていますが、大気や海流はダイナミックに地球を巡りながら、世界をかき混ぜています。

 

2014_0607

 

私はイメージします。水の粒子のひとつひとつが意識を持っている様子を。
私はイメージします。世界を旅する水たちが、南の島の花たちの、ちいさなドラマを書き取っていることを。鳥たちと風たちの事件を木々から木々へと伝えていることを。

 

 

私が福岡で受けとるこの風に、耳をすまして静かにいると、そんな水の記した日誌が、私の意識へと開かれていきます。

 

こうして、私は居ながらにして旅をします。

 

意識の働きの偉大であることを知らない人は、このような時間を「はかない夢想」と呼びますが、このような旅に払われるエネルギー量と、静謐な時間の貴重さに敬意を持つ人は、「実質的な旅」として、このような体験の貴重さを認識します。

 

このような具体的なイメージの体験を通じて、私たちの感覚器官がさらに活性化し、時間と空間そのものから、愛と光をうけとる準備が整っていきます。

 

宇宙は語ります。
「私はひたすらにあなたたちを愛し、許し、光のメッセージを送っている。しかし、あなたたちがそれをどのように受けとるか。私たちはその受け取りかたまでは規定することは出来ない。」

 

私も光をうけとり、万人に届くようにと、絵や言葉にしていきます。
しかし、見る人がそれをどのように受け取るのか、それは皆さんにお任せなのです。

 

私が宇宙からのメッセージを受けとるとき、私は、その感覚が私をもっとも沸き立たせ、きらきらと輝かせる角度や意識で受けとります。

 

人が意識をもって生きている間、その人の周りで起こるすべては宇宙からのメッセージです。そのひとつひとつの出来事を、いかに楽しく受けとるか。そこに人間一生の工夫の醍醐味があります。

 

ありのままの山の姿、太陽の輝きに、山稜の角度がどうの、光の入射角がどうのと評論するのは、「私がなにも感じないのは、私の目の前でおこる現象が私に相応しくないからだ」と宇宙にたてつくのと同じです。愚の骨頂です。

 

私たちに起こる現象は、すべて、ふさわしく、光です。

 

もしあなたが、自分を苛立たせる小さな事象に出会ったとき、それは、最大の楽しみのチャンスでもあるのです。それとどんな距離と角度で関係をもてば、あなたが輝くのか。どんな角度も距離も自由です。制限があるとしたら、あなたの意識が作り出したなにかがあるだけです。

 

あなたが作った制限なら、あなたが外すことも出来るはず。

 

そうやって、私たちは、日々刻々、自分を自分自身で機嫌良くすることができます。その先には、生き生きとしたあなたがいます。そしてその手前には、幸せの実感があるのです。

 

これは、比較の問題ではなく、人間の霊性と意識に対する冷静な論考です。

 

私がもっぱら、絵空事について、空論をのべていると思わないでください。

 

このような意識のあり方と、幸福感についての論考を、実践していく先には、現実的に恒久性のある社会や家庭の創造があるのです。

 

さあ、頭で考えないで、絵を前にして感じ取ってみましょう。

 

現在、博多リバレイン Eeny Meeny Miny Mo の二階、福岡デザインステージD12にて、ミニ個展を開いています。明治通り沿いのウインドウディスプレイに130号の作品を架けています。

 

D12

 

いつもとは違ったインテリアとしてのわたしのアート。
いつもとは違った側面を、絵たちが見せてくれるかもしれません。
私は常に会場にいるわけではないですが、是非、絵たちをご覧ください。

 

osirase_yasaka

 

D12 webサイト
http://www.d12-fukuoka.asia/?p=214

 

夏が、やってきますね。
今年もたくさんの体験が私のなかに宿り、きっと秋にはたくさんの絵となって生まれていくのでしょう。

 

生きている限り、皆さんとアートとしての人生を生きていきましょう。

 

今日も、終わりまで読んでくださってありがとうございます。

 

皆さんの日々に多幸ありますことを。

 

 

今日も宇宙に満ちる愛とともに。
ワールドピース。

 

2013年冬 福岡での個展

2013年12月12日

web用3

これまでの作品の一部をオークション形式で販売します。

初の試みです。私のもとに訪れた様々な光のエナジー。

時を経て、今それを必要としている人のもとへ旅立つなら、私は愛をもって送り出し、新たな明日へと顔を向けます。

この機会に、世界に一枚だけの光の絵を。

また、「月刊はかた」の今年の表紙絵を一同に会してご覧にいれます。是非、ご来場下さい。

八坂 圭


12月10日(火)~12月28日(土)
10:00〜18:00(最終日17:00)

※お送りしたDMでは22日までになっていますが、急遽28日までに延長になりました。

福岡県福岡市中央区大名2丁目4−32
山本文房堂 地階ギャラリー

東京アートレッスンのお知らせ

2013年08月11日

 

今日は、少しだけアートレッスンの流れについて説明します。
実際には、その日、その場の直観でレッスンは変化していきます。

レッスンは、皆さんとその時間との一期一会です。

 

今日は、一般的な流れをご紹介いたします。

 

artlesson

 

室内には、一人一人それぞれに絵を描くパネルと水に溶いた6色の絵具が用意されています。
もちろん、筆と水、タオルもですね。

 

席についていただいたら、私からレッスンのガイダンスがあります。
なぜ6色なのか、水に溶くのはどうしてか。

 

そして、44枚の私の絵からなるカードから一枚引いていただきます。
カードについては、実際のレッスンで御体験下さい。

 

具体的なもの形を描くのではない事、頭で構成した模様を描くのではない事。
何を描くのか考えずに、手の動きに任せて色とともに時間を過ごす。そのやりかたをお伝えします。

 

呼吸をととのえ、静かな自分を確認して、紙全体に水をのせていきます。

 

そこからは、私とともに、呼吸を整えたり、私が投げかけるイメージをきっかけにしてもらって、
自由な光の世界を体験してもらいます。

 

レッスンが終わる頃には、パネルの中にはそれぞれの宇宙が広がります。
一回のレッスンで、絵は完成します。

 

その後にアートリーディングの時間があります。
その方の絵から感じられるメッセージを、私から一人一人お話しさせていただき、レッスンは終了します。
あなたはいったいどんな光を受け取るでしょう。

 

IMG_2047

 

出来上がった絵は、そばに置いていただけると、あなた自身を癒し導く存在となります。

 

福岡での前回のレッスンも、とても充実したものになりました。
次回は、東京でのレッスンになります。
ご興味をもたれた方は、是非ご参加下さい。

 

2013年後期アートレッスン:東京

 

場所:国立駅そば
日:10/12(土) 13(日) 14(月)
時間:A. 11:00-12:30  B.14:00-15:30  C.16:30-18:00
レッスン料:8,000円

ご予約状況はこちらです。
http://bit.ly/16BcBvm
お早めのご予約をお勧めします。

 

ご予約状況はこちらです、
このレッスンと併せ、六本木での個展も開催されます。
場所:湘南台MY Gallery(六本木)
日:9/25(水)〜10/6(日)
時間:12:00〜19:00(最終日は17:00まで)
※9月30日(月)と10月1日(火)は休廊日となります。

 

shonandaiMY2013_9

 

 

こちらも、どうぞ、お楽しみ下さい。
私たちは、宇宙からこの星へ、素晴らしい体験をしにやって来た旅の魂です。
この星で目に見えるものは何一つ持って帰る事は出来ません。
しかし、魂の体験はすべてあなたとともに永遠にあります。

 

アートは、魂の体験をあたえてくれる何かです。

 

忙しい日常をしばし離れ、そんな時間を自分へのご褒美にいかがですか。

 

暑い日が続きます。
ご自愛のほど、おすごし下さい。

 

今日も宇宙に満ちる愛とともに。
ワールドピース!

 

東京での個展も折り返し

2013年03月26日

愛する皆さんこんにちは。

桜、素敵でしたね。東京も桜吹雪となって、季節が通り過ぎていきます。
こうやって目に映る時間は、二度と繰り返さない一瞬の煌めきです。
似ていても、去年とも来年とも違う、春です。

早いもので、六本木での個展も折り返し。今日をいれてあと、6日間。

昨日はこの作品のオーナーが決まりました。

優しい呼応 画像

作品が旅立って行く事は、もちろん喜びです。
きっと、そのお家で、優しい光を放つ事でしょう。
そして、これからの日々をそっと包んで行くと感じます。

一点、家の中にアートがあると、生活が変わってくるといいます。
それはそんなに遠い話ではない。

そして、今を生きている作家の作品を買う事は、まさにアートを造り出している事でもあるのです。

こうして、私は、また、淡々と制作の日々を準備出来ます。

先ずは、是非ご来場になって、絵をごらんください。

八坂圭展 -Streamline-
2013.3.20(水)~3.31(日)
Reception 2013.3.20(水) 17:00~
12:00〜19:00(最終日17:00まで)会期中無休

23日(土)は六本木アートナイトにつき、22:00までオープン!

全日、全時間、作家は在廊します。

Shonandai MY Gallery
106-0032
東京都港区六本木7-6-5
六本木栄ビル3F
TEL/FAX 03-3403-0103
www.shonandai-g.com
info@shonandai-g.com
地下鉄(日比谷線・千代田線・大江戸線)
徒歩3〜5分

そして、個展の後は、セミナーとレッスンがあります。
継続して受講される事で、学びが深くなります。
是非、ご参加下さい。

4月5日 四谷ひろば
http://www.yotsuya-hiroba.jp/
※ワンコインセミナー
「アートと精神性について」
13:00~ 参加費:500円
(当日お支払い下さい)

スライドとお話で、新しい時代に相応しい意識の在り方とアートの
可能性についてお伝えします。
ご予約は必要ありません。どうぞお誘い合わせの上ご参加ください。
(お友達にもどうぞ、Facebook等でご紹介下さい)

※アートレッスン
日時:
4月6日 土曜日 ○午後2時~3時半 ○午後5時~6時半
4月7日 日曜日 ○午後2時~3時半 ○午後5時~6時半
各回5名まで レッスン料:8,000円
(材料・道具類を含む)

場所:東京都世田谷区瀬田1-9-16
夢HUGスペース

お申込:直接メールかお電話でお申し込み下さい。

art☆yasakakei.com
(☆を@にかえて送信下さい。)

いつも、宇宙に満ちる愛とともに!
ワールドピース

Shonandai MY Gallery (六本木)での個展

2013年03月20日

愛する皆さんこんにちは。

東京にいます。界隈のさくらもすっかり咲きそろっています。
青い空に、薄い、かろうじて紅い花びらが対比される時、私のなかの大自然への恋心が、音楽のように響きます。

さあ、今日から六本木での個展です。
昨夜、二人のボランティアスタッフのサポートにより展示が完了しました。
二人とも私の絵からいつも大きな宇宙的愛を感じてくれている尊い存在です。

http://www.jpartmuseum.com/jam_live/shonandai15/

私は、どうやって絵を描いているのでしょう。
今回の作品たちも、昨年11月とはまた違った表情を見せています。

大丸のときとも少し違う。

六本木個展の様子1

六本木個展2

ここでしか味わえない、ここでしか向き合えない、愛の感覚です。

今日は春分。17:00からはオープニングレセプションもあります。
会期は31日まで。

.



八坂圭展 -Streamline-
2013.3.20(水)~3.31(日)
Reception 2013.3.20(水) 17:00~
12:00~19:00(最終日17:00まで)会期中無休

23日(土)は六本木アートナイトにつき、22:00までオープン!

全日、全時間、作家は在廊します。

Shonandai MY Gallery
106-0032
東京都港区六本木7-6-5
六本木栄ビル3F
TEL/FAX 03-3403-0103
http://www.shonandai-g.com
info@shonandai-g.com
地下鉄(日比谷線・千代田線・大江戸線)
徒歩3~5分

.




よかったら、是非、足をお運び下さい。

毎日、お待ちしています。

真っすぐに。
ただ、あなたを愛しています。

今日も宇宙に満ちる愛とともに。

ワールドピース!