EVENTS

八坂圭絵画展「日々の中の精霊と光」

2013年02月11日

愛する皆さんこんにちは。

春の足音が聞こえはじめましたね。庭の梅がほころびはじめ、水仙が盛りを過ぎようとしています。
空の雲はときには筋をなして上空の冷たい空気を教え、時に柔らかな丸みを見せて大地からの温かい空気を感じさせてくれます。

滅多に無いのですが、日々絵を描いていると、気がつかないうちに自分自身の思いで絵を描いている事に気づかされるときがあります。

遠の昔に、私は手技を磨く事を手放しています。いつだったか分からないくらい前に、複雑な絵画理論を追う事も忘れました。
現代の美術の潮流も知らないし、私がどんな絵を描きたいかも分からなくなりました。

ただ、一枚、一枚、新鮮な感覚が目の前にあらわれてきます。
私はただ、宇宙や精霊達に見せられているだけ。

その絵が、少しずつ皆さんの生活の中に届きはじめました。
カレンダーや、絵本や、「絵」そのものを通して。

そこに「私」が極力介在しなければ、見る方と絵の向こうの宇宙との対話しかありません。
だから、私はもっとがんばらない事、考えない事、ありのままである事に徹底して行くばかりです。

いつかあなたが絵を通して無限の光を感じる時間のために。


今回は福岡の大丸のアートギャラリーで個展を開催させて頂きます。


大丸ポスター


2月20日(水)>26日(火)午前10時~午後8時(最終日は午後5時閉場)
大丸・福岡本館6階アートギャラリー

私のもとに届いた、一枚一枚が、あなたへの愛である事だけは私が保証します。

ですからどうぞ、安心して会いにきて下さい。

.



とは、言っても福岡です。

この通信を読んで下さっている方々は関東や東北、東海の人も多くいます。
少しばかり、遠いですね。

でも、3月20日からは、いつもの六本木で個展があります。
その時には是非お会いしましょう!


それから、もう一つ。
今、企画しているイベントがあります。

大分は竹田の森の中にサリモスという素敵な山小屋を見つけました。

http://sarimos.web.fc2.com/index.html

そこには暖炉があり、ピアノがあって、木立に囲まれたホールがありました。
ここで、ranaが歌い、ハモンドオルガンが響いて、ピアノが話し出せば、きっと私は光の絵を描くでしょう。
うん。ここでライブペインティングイベントをしよう。

年末にそう決めました。

メンバーの了解を得て、4/14日の14:00からそれは実現しそうです。

春の九州旅行はいかがですか?
竹田周辺は、阿蘇も近く、素敵な宿が沢山です。
興味がある方は、是非、詳細をお問い合わせ下さい。



先の事はわかりません。この先、どんな日々が私たちに届こうとも、今日まで生きて来れた。それだけで先ずは感謝です。
そして、一日でも多く、この世での時間をゆるされる限り、私は淡々と光の絵を届ける事に時間を捧げようと思います。

いつか、暇があったら、覗きにきて下さい。

今日も、宇宙に満ちる愛とともに。
ワールドピース!